養老の森2021イベント予定

●田植え体験/5月8日㈯・9日㈰ 

●野鳥観察会/5月16日㈰

●水田の生物観察会/6月27日㈰

●ハチミツ採取体験/7月3日㈯・4日㈰

●昆虫まめ博士認定観察会/7月18日㈰

●水中生物観察会/8月1日㈰

●昆虫まめ博士認定観察会/9月12日㈰ 
※養老先生による認定書授与式あり

●トンボ釣り/9月19日㈰

●稲刈り体験/10月16日㈯・17日㈰

●トンボ釣り/10月17日㈰

●養老の森ワーク/養老の森の間伐、下草刈り、植林、

散策路の整備など手入れワークは随時開催に合せて告知の予定です。

詳しくは、一般社団法人養老の森 ウェブサイト BLOG 記事へ

ポストコロナ時代の価値観を問う

ポストコロナ時代の価値観を問う~都市にない暮らし方~

養老孟司先生が代表を務める「養老の森」が山梨県道志村にあります。
「森に還る、街から山へ参勤交代」をテーマに、子どもも大人も自然を五感で感じることの喜びを見つけ出すこと、自然への適度な「手入れ」を実行していくことで新たな暮らしを提案しています。
この森の近くで新たに立ち上がるコミュニティ「道志ベース」。
このコミュニティ立ち上げのためのクラウドファンディングの応援企画として養老先生とポストコロナ時代の価値観についてお話をします。
●日時:8月2日(日)14:00-15:30
●ゲスト:養老孟子氏(東京大学名誉教授)、大田昌博(有限会社オム代表取締役/前道志村長)
●モデレーター:こくぼひろし(ひとしずく株式会社 代表)
●形式:ウェビナー
●参加費:無料
 ※お話を聞いて共感いただいた方は当日発表するクラウドファンディングをご支援ください。
●定員:300名
●申し込み:事前登録制 当イベントは終了いたしました。

道志ベース 

道志ベースは、養老孟司氏(東京大学名誉教授)の提唱する「森に還る、街から山へ参勤交代」をテーマに、単なる趣味サークル/クラブ活動やソーシャルメディア上の会員サービスなどのように限定されたものではなく、これからの社会活動の中でもう一つの役割を担う概念になり得るものであり、コミュニティ内での共創により、新しい価値を創造する新たな拠点、コミュニティプラットフォームを創造します。